言葉・ライティング

言葉・ライティング

芥川龍之介の随筆から『たつた十七字の活殺」

芥川龍之介が『雑文 芭蕉』で述べた「たつた十七字の活殺なれど、芭蕉の自由自在には恐れ入つてしまふ」という言葉は、芭蕉の俳句が持つ圧倒的な表現力と、その簡潔さの中に秘められた深い意味を称賛しています。 芭蕉の俳句は、自然の一瞬を捉え、それを十...
言葉・ライティング

村上春樹さんの言葉「書くのが実に楽しかったからだ」

楽しさの源泉私たちは日常の中で多くの義務や責任に追われがちですが、その中でも「楽しさ」を見つけることは、心の豊かさと充実感をもたらします。村上春樹さんが「ナンバー」誌で長期連載を続けることができた理由は、楽しさが執筆活動の原動力となったから...
言葉・ライティング

もうこりた「最澄の言葉“忘己利他”」

「忘己利他(もうこりた)」平安時代初期、比叡山延暦寺にて、伝教大師といわれた最長の言葉です。「もう懲りた」ではありません。 「忘己利他」という言葉は、自己を忘れて他人の利益を考えるという意味を持ちます。忘己とは、自分の欲望や利益よりも、他人...
言葉・ライティング

尾形真理子さんから学ぶコピーライティング「恋は奇跡。愛は意思。」

尾形真理子さんの言葉は、単なる恋愛論にとどまらず、コピーライティングの世界にも示唆を与えてくれています。 コピーライターの仕事とは、言葉を通して人々の心を動かすことです。そのためには、単なる感情的な訴求だけでなく、理性的な説得力も必要不可欠...
言葉・ライティング

心を動かす「ストーリーを売れ」

現代の情報社会において、私たちは日々膨大な量の情報に接しています。この情報の洪水の中で、個々の製品やサービスが埋もれてしまうのは容易なことです。ここで「ストーリーを売れ」という考え方が浮上してきます。単なる商品説明ではなく、心を動かすストー...
言葉・ライティング

新しい視点「メタファーの世界」

メタファーは、「異なる視点を融合させる手段」のことです。たとえば、「人生は旅である」というメタファーを考えてみましょう。この表現は、人生のいろいろな出来事を旅にたとえて、わかりやすく説明する方法です。 旅には目的地がありますよね。人生にも目...
言葉・ライティング

コピーライティング「スペックの中から話を取り出す」

コピーライティングは、商品の魅力を効果的に伝えるための重要なスキルです。その中でも「スペックの中から話を取り出す」という技術は、ただ単に製品の特長を羅列するのではなく、その特長をもとにしたストーリーを作り出すことを意味します。3つのヒント1...
言葉・ライティング

背後にあること「どうでもいいこと」や「知らなくてもいいこと」

「どうでもいいこと」や「知らなくてもいいこと」には、一見似たような響きがありますが、その背後には異なる意味合いとニュアンスが隠れています。この違いを理解することで、私たちの思考や行動に新たな視点を与えるヒントを見つけることができます。3つの...
言葉・ライティング

情報の扉「見出しで決まる」

「見出し」は、私たちが情報を受け取る際の重要なポイントを示しています。見出しは文章や記事の最初に目に入る部分であり、その印象が読者の興味を引き、内容を理解するための道しるべとなります。3つのヒント ヒント1:第一印象の重要性 「見出しで決ま...
言葉・ライティング

背景の真理「ボディーコピーのないコピーなんて」

xr:d:DAFp_F_Jqe4:2,j:2744216084665964114,t:23072905 このタイトルは、広告業界の用語のように聞こえますが、その背後には普遍的なコミュニケーションの真理が隠されています。3つのヒント1.背景情...