俳句

言葉・ライティング

芥川龍之介の随筆から『たつた十七字の活殺」

芥川龍之介が『雑文 芭蕉』で述べた「たつた十七字の活殺なれど、芭蕉の自由自在には恐れ入つてしまふ」という言葉は、芭蕉の俳句が持つ圧倒的な表現力と、その簡潔さの中に秘められた深い意味を称賛しています。 芭蕉の俳句は、自然の一瞬を捉え、それを十...