志村ふくみ(人間国宝)「群青と白群のあわいの色を秘色と呼ぶ」

染め 文化

志村ふくみ著作『一色一生』の一節に触れ、

「群青と白群のあわいの色を
秘色と呼ぶ」

という表現は、
単なる色彩の描写以上の
深い意味を持っている
ことに気づかされます。

3つのヒント

ヒント1:色彩のグラデーションと人間の感性
「群青と白群のあわい」
という表現は、
二つの色が互いに溶け合い、
境界が曖昧になる瞬間を示しています。
この微妙なグラデーションは、
単なる視覚的な現象ではなく、
私たちの感性に訴えかけるものです。
色のあわいは、
人間の感情や心の動きを
象徴しています。
喜びと悲しみ、
希望と絶望、
愛と憎しみといった相反する感情が
交錯する場所には、
常に「秘色」が存在します。
この微妙な感覚の境界を


ヒント2:色彩と言葉の共鳴
秘色という言葉の選択には、
色彩の美しさとともに、
その奥に秘められた意味を
伝える力があります。
「ひそやかな奥深い色」
としての秘色は、
ただの視覚的な色合いではなく、
言葉が持つ力と共鳴する存在です。
色彩が物語を語るように、
言葉もまた色を持つことが
できるのです。
詩や文学において、
言葉が色彩豊かな表現となり、
読者の心に鮮やかな印象を
残すことができるように、
私たちも日常の中で
言葉を選ぶ際に、
その色彩的な力を意識することで、
より豊かなコミュニケーションを
育むことができるでしょう。


ヒント3:伝統と現代の融合
「群青とのあわいの色を
秘色と呼ぶ」
という古の人々の感性には、
深い伝統の知恵が込められています。
この秘色という概念を
現代に生きる私たちが
再発見することは、
伝統と現代を繋ぐ架け橋となります。
古の色彩感覚や言葉の選び方には、
現代の私たちが見落としている
美しさや深みが存在しています。
これらを再評価し、
現代の生活や文化に
取り入れることで、
新たな価値観や美意識を
生み出せるのではないでしょうか。


まとめ
著者の一節から導かれる
「秘色」という概念は、
色彩の奥深さ、
人間の感性と言葉の共鳴、
そして伝統と現代の融合を
象徴しています。
この三つのヒントを通じて、
私たちは日常の中で見過ごしがちな
美しさや深さに気づき、
それを生活の中で活かしていくことが
できるでしょう。
色彩を通じて広がる世界には、
無限の可能性が秘められています。

参考文献:
『一色一生』
著者 志村ふくみ 
発行所 求龍堂

コメント

タイトルとURLをコピーしました