アリストテレス「アポリアの問い」

アリストテレス 創造・思考・哲学

考える力を育てるアポリアの問い

難しい問題に出会ったとき、
どうしますか?

すぐに答えを人に聞く?
ネットで調べる?
それとも、
自分で解決策を考える?

アリストテレスは、
矛盾していたり、
辻褄の合わない
相反する問題に出会ったとき、
「それをじっくり考えることだ」
と言っています。
これを「アポリアの問い」と呼びます。

問題に直面したとき、
すぐに答えを求めるのではなく、
自分で考える時間を
持つことが大切です。

複雑な問題は対して、
深く考えることを促し、
知識や理解を
深めるための手段となります。

アリストテレスは、
このような問いを通じて、
私たちが自分の無知を認識し、
より深い知識を求める
動機付けをすると考え、
単なる答えを見つけることではなく、
問題に対する深い理解を得るための
プロセスが重要だと唱えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました