村上春樹さんの言葉「書くのが実に楽しかったからだ」

万年筆 言葉・ライティング

楽しさの源泉

私たちは日常の中で
多くの義務や責任に
追われがちですが、
その中でも
「楽しさ」を見つけることは、
心の豊かさと充実感をもたらします。

村上春樹さんが
「ナンバー」誌で長期連載を
続けることができた理由は、
楽しさが執筆活動の原動力
となったからに違いないはずです。

楽しいことに対する情熱は、
モチベーションを持続させる
重要な要素です。

何かを続けるためには、
外部からの報酬や評価だけでなく、
内から湧き上がる楽しさが
欠かせません。

楽しさは、
継続的な努力を
支える原動力であり、
創造性を引き出す鍵です。

自分が楽しめる活動を見つけ、
それを日常に取り入れていきましょう。

孔子曰く
「楽しむに如かず」」
何事も楽しんでやっているときは、
知らないうちに自然に体が動いている。


*参考文献:
著者:村上春樹
『❛THE SCRAP❜懐かしの千九百八〇年代』 
文芸春秋 (1987)

コメント

タイトルとURLをコピーしました