マーケティング「無意識の決断」

ビジネス

私たちが何かを選ぶとき、
頭で考える前に、
無意識のうちに決めていることが
圧倒的に多いといわれています。

たとえば、お店で商品を選ぶとき、
パッケージの色や
デザインが気に入った商品を
手に取ることがあるはずです。

マーケティングでは
商品を人々に
気に入ってもらうために、
色や形、話の面白さなど、
心に訴える工夫をすることが
大切だとわかります。

例えば、
明るい色のパッケージは
元気な気持ちにさせたり、
かわいいキャラクターは
親しみやすさを感じさせたりします。
また、商品に関する楽しい話や、
使っている人が幸せそうな
イメージを見せることも、
人々の心に残りやすい
とよくいわれます。

つまり、マーケティングでは、
ただ商品の良さを
説明するだけでなく、
人々の心に響くような
工夫をすることがとても重要です。
そうすることで、
商品を見たときに
「これいいな」
と思ってもらえる確率が
高くなります。

商品をたくさんの人に
知ってもらい、
好きになってもらうことが、
マーケティングの目標です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました