文化

文化

日本の美の源流「古文化」

日本の美の源流は、その古文化に根ざしています。古代から続く伝統や価値観が、日本の文化に深い影響を与えてきました。日本の古文化は自然との調和を重んじています。自然の美しさや季節の移ろいを詠んだ和歌、俳句、風雅な茶の湯、華、庭園など、どれも自然...
文化

この唄からの気づきは?「端唄・都都逸」

端唄(はうた)は、 江戸時代中期から後期にかけて流行した短い歌で、庶民の間で人気がありました。端唄は短く簡潔で、都都逸の流行に先行する形で広がっていました。江戸の庶民の間で広まり、特に夜の宴席や寄席などで楽しまれました。端唄は、日本の伝統文...
文化

間の美学「静寂と空白」

間の美学「静寂と空白」は、日本文化の中で深く根付いている概念です。この美学は、物理的な空間だけでなく、時間や人間関係、芸術作品など、あらゆる領域に適用されます。 静寂は、内省の時間を提供し、自己と向き合う機会を与えてくれます。禅の瞑想や茶道...
文化

志村ふくみ(人間国宝)「群青と白群のあわいの色を秘色と呼ぶ」

志村ふくみ著作『一色一生』の一節に触れ、「群青と白群のあわいの色を秘色と呼ぶ」という表現は、単なる色彩の描写以上の深い意味を持っていることに気づかされます。3つのヒント ヒント1:色彩のグラデーションと人間の感性「群青と白群のあわい」という...
文化

『手仕事の日本』「自然と歴史から生まれる美」

柳宗悦の『手仕事の日本』は、名もなき工人が作る民衆の日用品の美、「民藝」に焦点を当てています。大正時代半ばから二十年近い歳月をかけて、日本各地で手仕事の「用の美」を調査・収集した柳宗悦は、自然と歴史、そして伝統によって生み出される美を探求し...
文化

日本の美:『風姿花伝』「秘すれば花」

『風姿花伝』秘すれば花」という言葉には、深い意味と智慧が込められています。これは、世阿弥が説いた日本の伝統芸能の奥義の一つであり、現代にも通じる普遍的な真理を含んでいます。 ●「秘すれば花」「秘すれば花」とは、芸術や人生において、すべてを明...
文化

食文化「桜餅」

桜餅は日本の伝統的な和菓子で、日本文化の一部を象徴しています。桜は日本人にとって特別な意味を持ち、春の訪れや新しい始まりを象徴する花です。 そのため、桜餅は季節感や日本人の美意識、文化の尊重を表しています。 また、桜餅は繊細で美しい見た目を...