コピーライティング「スペックの中から話を取り出す」

ドキュメント スペック 言葉・ライティング

コピーライティングは、
商品の魅力を効果的に
伝えるための重要なスキルです。
その中でも
「スペックの中から話を取り出す」
という技術は、ただ単に
製品の特長を羅列するのではなく、
その特長をもとにした
ストーリーを作り出すこと
を意味します。


3つのヒント

1.スペックを生活に結びつける

製品のスペックは、
数字や専門用語で
表されることが多いです。
例えば、
新しいスマートフォンの
スペックとして
「カメラの画素数が5000万画素」
という情報があります。

しかし、
この数字がどれほどすごいのか
分かりにくいかもしれません。
そこで、
このスペックを日常生活に
結びつけて説明します。

「このスマートフォンを使えば、
家族旅行で撮った写真も
まるでプロが撮ったような
美しさになるんだ。」
と伝えると、
5000万画素のカメラが
具体的にイメージできます。
スペックを単なる
数字としてではなく、
実際の生活での利点として
話すことが大切です。


2.スペックの背後にある
ストーリーを見つける

製品のスペックには、
その背後に開発者たちの
努力やこだわりが隠れています。

例えば、
あるパソコンのスペックとして
「最新のプロセッサを搭載」
という情報があったとします。
このスペックを
ただ伝えるだけではなく、
「この最新のプロセッサは、
開発者たちが数年間かけて
研究開発した成果で、
これによって以前よりも
ずっと速く作業ができるようになった」
といったストーリーを伝えると、
スペックに対する理解が深まります。

このように、
スペックの背後にある
物語を見つけ出し、
それを伝えることで、
製品への興味を
引きやすくなります。


3.スペックがもたらす未来を描く

スペックを説明するだけでなく、
そのスペックが
どのような未来をもたらすか
を想像させることも効果的です。

例えば、
新しいタブレットの
スペックとして
「バッテリー持続時間が10時間」
という情報があったとします。
このスペックをただ伝えるのではなく、
「このタブレットなら、
学校の授業中も放課後も
ずっと使い続けられるから、
長時間の勉強やゲームも
心配いらない」
と未来の場面を描いてみるのです。

このように、
スペックがもたらす可能性を
具体的に示すことで、
その製品がどれほど
価値があるかをより明確に
伝えることができます。


まとめ
コピーライティングで
「スペックの中から話を取り出す」
という技術は、
単なる情報の羅列を超えて、
スペックを生活の中でどう役立つか、
どんな背景があるのか、
どんな未来をもたらすかを
考えることです。
これによって、
製品の魅力をより分かりやすく、
興味深く伝えることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました