稲荷信仰「稲荷神社のキツネ」

伏見稲荷大社 社会・生活


稲荷神社のキツネは、
神の使いとされ、
神秘的な存在で、
多くの信仰心を集めています。

その背景には、
彼らが持つ変身の能力や、
人間と神の世界を繋ぐ
存在としての役割が
あるといわれています。

キツネを通じて、
私たちは変化を恐れず、
新しい自分へと進化し続けることで、
未知の可能性に
挑戦することができるのです。


農耕の収穫と自然との共生

キツネは農業が盛んな
春から秋にかけて里に姿を現し、
収穫が終わる頃に
山へ戻っていく習性から、
農耕を見守る守り神
とされてきました。

農耕による収穫という利益が、
商売としてもキツネを祀る
キッカケにもなった
ともいわれています。

また、キツネと同様に、
私たちも自然の一部であり、
自然界と調和しながら
生きることの大切さを、
キツネを通じて学び、
自然との共生の
重要性を教えてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました