「働き方「「36協定」の今」

労働者 社会・生活

経済成長を最優先し、
長時間労働が
当たり前だった昭和の時代。

労働組合が活発になった、
昭和40年代ころ、
労働時間の規制として
「36協定」
が労使交渉の中心でした。

これは、
労働基準法第36条に基づくもので、
時間外労働や休日労働に関する
合意を指します。

しかし、
時代は変わり、
現代の「働き方改革」の流れの中で、
この協定は
新たな意味を持ち始めています。

現在、「36協定」は、
働き方改革の一環として、
労働時間の適正化を目指す
ツールとして再評価されているようです。

「36協定」からは、
時代と共に変化し続ける
労働環境に適応し、
労働者一人ひとりの人生の質を
高めることの重要性です。
これは、過去の教訓を活かし、
より良い未来を築くための
基盤となってもらたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました