商品の本質「商品とは使う人を喜ばせるものだ。」

商品 ビジネス

商品の本質とは、
単に売れることではなく、
使う人の喜びを
第一に考えることにあります。

と言っても、
全ての人を喜ばせることは
難しいかもしれません。
しかし、
自分が本当に愛着を持って
作った商品であれば、
必ず誰かを喜ばせることが
できるはずです。

商品開発の際は、
自分の才能や労力を費やすだけでなく、
最終的に使う人の立場に立って
考えねばなりません。
使う人のニーズや期待に
応えられるよう、
真剣に検討する必要があります。

また、商品を売る際も、
単に売上を上げるだけでなく、
使う人の喜びを第一に
考えるべきではないでしょうか。

商品とは
使う人を喜ばせるための存在であり、
その本質を忘れずに、
使う人の立場に立って考え抜くことで、
商品の価値は高まり、
より多くの人を
喜ばせることができるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました