映画『カサブランカ』「~時の過ぎゆくままに ~As Time Goseo By」

映画


「As Time Goes By」は、
時代を超えた愛の歌です。
この曲から私たちは、
時間の経過とともに
変わることのない
愛の本質を
知ることができます。

●時間の流れの中で変わらないもの
「As Time Goes By」の歌詞は、
時間が経っても変わらない
愛の基本を歌っています。

キスはただのキス、
ため息はただのため息として、
そして恋人たちが互いに
「愛している」
と言い続けること。

これらは時の流れに左右されない、
愛の普遍的な真実です。


●恋の歌と月明かりの普遍性
歌はまた、
月明かりと恋の歌が
決して古くなることはない
と述べています。
情熱、嫉妬、憎しみといった感情は、
人間の経験の中で
常に存在し続けます。
これらは、私たちがどのように感じ、
どのように行動するかを
形作る基本的な要素です。


●愛と名誉のための戦い
「As Time Goes By」は、
愛と名誉のための戦い、
そして生きるか死ぬかの
選択を描いています。
これは、
私たちが直面する
選択と犠牲の重要性を示しており、
愛する人のために何をするか、
またはしないかという選択を
強調しています。


●恋人たちを歓迎する世界
この歌は世界がいつでも
恋人たちを歓迎する
と述べています。

これは、
愛が人生の最も重要な
側面の一つであり、
私たちが追求すべきもの
であることを思い出させてくれます。


「As Time Goes By」は、
映画『カサブランカ』の中で、
かつて深く愛し合った
男女の再会と愛の再燃を
象徴する曲として、
私たちに多くのヒントを
与えてくれます。

それは、
時の流れの中で
変わらない愛の力、
そして愛がもたらす
希望と慰めのメッセージです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました