映画『君の名は』 忘却とは忘れ去ることなり。

数寄屋橋 映画

— 忘却とは忘れ去ることなり。
忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ —

原作の一節です。

『君の名は』」という作品には、
記憶と忘却が
重要なテーマとして描かれ、
人間の感情や記憶に関する
深い洞察を含んでいます。


3つのヒント

ヒント1:記憶の力とその影響
記憶は私たちのアイデンティティを
形作る重要な要素です。
過去の出来事や経験は、
私たちの考え方や行動に
影響を与えます。

しかし、
時にはその記憶が
重荷となることもあります。
忘れたいと思っても
忘れられない記憶が
心に残り続けることは、
誰にでもある経験です。

このことから、
記憶の持つ力とその影響について
考えることができます。
私たちは過去の記憶に
とらわれすぎず、
現在を生きることの重要性を
認識する必要があります。
同時に、過去の記憶を受け入れ、
それをどのように
活かしていくかを
考えることも重要です。

ヒント2:感情と向き合う勇気

忘れ得ずして
忘却を誓う
心の悲しさ
には、
深い感情の葛藤が
含まれています。
忘れたいのに忘れられない
という感情は、
痛みや後悔、喪失感といった
ネガティブな感情と
向き合うことを意味します。
しかし、
これらの感情から逃げずに
向き合うことが、
心の成長や癒しへの
第一歩となります。

感情を抑え込むのではなく、
素直に受け入れ、
理解しようとする姿勢が大切です。
このプロセスを通じて、
自分自身をより深く理解し、
心の強さを養うことが
できるはずです。

ヒント3:忘却と新しい始まり

忘却は必ずしも
ネガティブなものではありません。
時には、
過去を忘れることが
新しい始まりを迎えるための
重要なステップとなります。
古い記憶や過去の出来事に
とらわれることなく、
新しい経験や未来に向けて
前進することが必要です。

この一節は、
忘却と再生の関係についても
示唆しています。
過去を手放し、
新たな道を歩むことの
勇気を持つことで、
私たちは新しいチャンスや
可能性を見つけることが
できるでしょう。

まとめ

「『君の名は』」の一節、
「忘却とは忘れ去ることなり。
忘れ得ずして
忘却を誓う心の悲しさよ」
からは、
記憶の力とその影響、
感情と向き合う勇気、
そして忘却と新しい始まり
のヒントを通じて、
私たちは過去の記憶と向き合い、
感情を理解し、
新しい未来に向けて
前進するための力を
見つけることができます。


映画での二人の出逢い。
主人公の春樹と
真知子の出逢いは、
昭和20年5月24日、
東京大空襲の夜のこと。
数寄屋橋の上で、
爆撃を身近に受けながら、
名も知らぬ二人が
互いに身を寄せ合った
ことからでした。
佐田啓二と岸惠子の共演は
一世を風靡したものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました