新しい発見!「何でもヒント」:ラストシーンの余韻:映画『離愁』

ヨーロッパの貨物列車, 映画

映画「離愁」(原題「Le Train」)
のラストシーンは、
ロミー・シュナイダーと
ジャン・ルイ・トランティニアン
の演技によって、
観客に強い余韻を残すことで
知られています。

このシーンからは、
深い感情を表現する演技の力と、
観客に長く印象を残す
物語の終わり方に関するものです。

ラストシーンからの余韻

ラストシーンでは、
トランティニアンが警察に呼ばれ、
レジスタンスの一味として
逮捕されたユダヤの女性として
シュナイダーが登場します。
二人はお互いを
認めないふりをしますが、
最終的にトランティニアンは
彼女に手を差し伸べます。
シュナイダーの横顔の静止で
映画は終わり、
その表情には男性への愛情と、
彼を強制収容所送りにした
という悲痛が重なり合い、
観客に深い感動を与えます。

このラストシーンは、
観客にとって映画の
終わりというよりは、
物語が続いていくかのような
感覚を抱かせます。

演じられた感情の真実性が、
観客の心に深く刻まれるのです。

このように、
「離愁」のラストシーンは、
演技と映画の終わり方が
観客の心に残る余韻を
作り出す力を持っていることを
示しています。1

コメント

タイトルとURLをコピーしました